まりあ様をみてる

モーニング娘。'16の牧野真莉愛さんを眺めるブログ。

ハロプロ楽曲大賞2016覚書

そんなわけで楽曲大賞2016の季節ですよみなさん。

 

今年ははっちまりあ。さん久々にコメントたくさん書いてみました。

 

 

楽曲部門投票コメント

 

1位 娘。 そうじゃない

 

セクキャもそうなのだが、インストで聴いたときにこの曲がいわば「つんく拍子」であることを実感させられた。


恒例のつんくライナーノーツでは「事務所のオファーに従い制作した」ことが明記されている。しかしながら、研修生時代の牧野真莉愛を良く知る天才つんくである、そのツンデレぶりには恐れ入るしかない。


牧野真莉愛の魅力を120%以上引き出すために考えられた緻密な楽曲制作には素直に頭を垂れる。


お飾りのセンターにするのであれば音域を1オクターブに収めれば簡単にできてしまうが、牧野どころか、コーラスも務める譜久村や小田がこの曲の難しさをコメントするあたりに総合プロデューサーを去ってなお永遠の指導者として存在し続けるつんくが楽曲の狭間に見え隠れする。


「カワイイだけ…」そんな風評あるハロプロファンシーンに叩きつけた牧野真莉愛モーニング娘。の’16による
「そうじゃない」
これぞモーニング娘。ではあるまいか?

 

2位 ℃-ute 何故 人は争うんだろう

 

いわゆるモーヲタとなる前、忌野清志郎が好きでオーティスレディングにたどり着き、STAXにあこがれ、モータウンにときめくという文字通りオッサン世代というか自分ですら生まれる前の音楽であるいわゆるソウルクラッシック、R&Bの一つの形態としてダイアナロスのいたシュープリームスという素晴らしき音楽へのオマージュがこの楽曲にはある。
こう言った曲を℃-uteに与えてくれただけでも現在の体制は評価されるべき。

 

3位 つばき 独り占め

 

つんく無きハロプロが徐々に浸透していく「寒い時代」の中で現在のハロプロのボトムと言って差し支えない持たざる者であるつばきファクトリーに与えられたこの曲は、つばきファクトリーここにありという存在感を示す一曲と言えまいか?
つばきファクトリーという野に咲く花にとって転回点となった一曲である。デビューに向けて虎視眈々と牙を研ぐ9人の活躍が楽しみな一曲。

 

4位 娘。 泡沫サタデーナイト

 

鞘師里保を失い、鈴木香音を失った’16ではあったけれども、鈴木香音の置き土産であるこの曲はメンバーの笑顔が我々を癒し続ける素晴らしい楽曲だと言いたい。

 

5位 アンジュ 次々続々

 

様々な名曲を有するアンジュルムではあるが、この曲の持つスリリングさが好きなので。

 

MV部門投票コメント

 

1位 娘。 そうじゃない

 

ターミネーター2を安易にパクッたと揶揄され、ビルを借りて対してひねりのない衣装を着てとこのMVを酷評するのはたやすい。


無機質なメンバーが動き出して笑顔になった場面のテーマも今もってわからないし、楽曲が表現したかったであろう女子の雰囲気もお世辞にも表現されているとは言い難いが、このMVは美しいという事実の前にはどのような装飾も意味をなさないことを知らしめるMVと言えよう。


一級の大間のマグロを煮たり焼いたりせずにただ刺身として提供することは料理人の怠慢ではなく誠意であると考えたときに、カワイイを表現するためによく意味のわからない映像が繰り広げられてきたアイドルの歴史を思い起こしたものは少なくなかったはずだ。
数百回見てもこのMVのテーマがなかなか伝わってこないがモーニング娘。は美しいという真理だけは間違いなく理解できるMVである。

 

2位 ℃-ute 何故 人は争うんだろう

 

矢島美容室が元ネタだと思っているメンバーたちが面白かったこの曲のMVではあるが、もしアポロシアターで歌うということを夢見ることができるアイドルがいるとしたらどのアイドルグループか?
という問いを受けたならば即座にこのMVを引用し弁をふるいたいと思わされる非常に素晴らしいMV。ハロプロパフォーマーとして様々な楽曲を残してきた℃-uteではあるが、この曲を残したことは語り継がれる日、いつか掘り起こされる日がやってくるだろうと予想したい。
そして、おそらくはアポロシアターにもオリンピアシアターにもブルーノートにも℃-uteとして立つことはないであろう残り半年強がさみしくて仕方ない。

 

 

3位 娘。 泡沫サタデーナイト(牧野真莉愛ソロバージョン)

 

安倍なつみという絶対王者の如き可愛さを持った草創期。石川梨華と言うアイドル史に燦然と輝くアイドルが存在した黄金期。残念ながらアップフロントを去った久住小春という新しいアイドル像を有したプラチナ期。そして最年長でありながらアイドルであり続けた道重さゆみのいたカラフル期。
そういうモーニング娘。の歴史に於いてアイドルと言う文字をゴシック体で残す存在として現役から自信を持って推挙できるザ・アイドル、リアルアイドル牧野真莉愛の良さが楽しめるMVだと自信を持っておすすめしたい。

 

推しメン部門投票コメント

 

娘。 牧野真莉愛 

 

長年推し部門から高橋愛を変えることはなかったけれども、ハロプロの楽曲大賞を決めるにあたり、彼女が卒業後5年の節目を迎えたこともあって心境の変化が起こりました。好きであることにはなんらかわりないですし、年明けには三宅裕司さんのビッグバンドでブルーノート東京に立つ姿を見れることが楽しみで仕方ないのですが、ここらで現在のハロー!プロジェクトでの推しメンの記載に変節しようと思います。
道重さゆみ卒業後のハロー!プロジェクトの「カワイイ」を一手に引き受け、何よりもモーニング娘。愛に溢れる牧野真莉愛さんが現在のワタクシの推しメンであります。
’17でも大きく輝くことを願い、牧野真莉愛さんを応援していきますので、「真莉愛会」共々優しい目で見てください。