まりあ様をみてる

モーニング娘。'16の牧野真莉愛さんを眺めるブログ。

牧野真莉愛がセンターで歌っているねと言われたから 9月24日は牧野記念日

ご無沙汰しております。

座間センセーションから4日過ぎました。

時刻は9月28日 9:00過ぎ。

気持ちはキムタク、容姿は眼鏡をかけた彦摩呂、はっちまりあ。です!

 

 

さて…このはっちまん。隠しごとは大嫌い、嫁と致すときは余計なものをつけないような漢ですのでネタバレしちゃいましょう!

 

そうです…

 

我らがまりあ様がついに…

栄光あるモーニング娘。のシングル曲で単独センターを下としました。

いいですか…

 

いいますよ…

 

ちゃゆぅ…(すみません)

 

 

 

牧野真莉愛 娘。のセンターなんです!

 

 

 

苦節2年…

 

ついにあの頂に手をかけることができたんです。

 

 

だってさ…

 

 

安倍なつみでしょ、後藤真希でしょ、石川梨華も立ったし、吉澤さんも立ったし、何よりも高橋愛ですし、田中れいな久住小春(ボーカルほぼなし)、鞘師里保小田さくら

 

モーニング娘。のセンターってのはもうね、栄光の読売巨人軍の4番と同じように尊いわけですよ。

昨年「今すぐ飛び込む勇気」ではトリプルシングルの3枚目として佐藤優樹野中美希でのなかちゃんが12期から初ツインセンターに抜擢されましたけれども、単独センターって言う響きの甘美さったらないわけですよ。

 

今回も初日披露と言うことで過去の例を振り返ると3曲の中の3番目扱いの可能性が高いんですけど

 

牧野真莉愛 娘。のセンターなんです!

 

 

 

最高としかいいようがないんです。

 

 

そんなわけでして…

 

9/24の夕方ですかねー…仕事の休憩中に

セトリ見たら(アンコール前まで流し読み)

まぁ名古屋に全てを注ぐつもりだったんですね。

 

 

でもって仕事ひといきついてハロッターで検索したら

 

まりあ様センターとか書いてありまして。

ええ、ええ。この夏は真ん中に一瞬おいていただくこと多かったのでそれかーと思って

さかのぼったら…

 

 

ああ、新曲か、新曲?

えっ?

 

ってなりまして。

とはいえセンターってのはおおげさなのかなぁと思っていたんですけど

 

 

 

 

 

え、あの嶺脇*1が!

とか思ったのはさておき、なんか本当なんだな、ということを知る。

 

そこからは

 

headlines.yahoo.co.jp

 

news.dwango.jp

 

ということで

 

~中略~

 

 

9/25夕方、座間にいましたー。

 

仕事滞っちゃいまりあ!

 

 

でも…

 

 

こんな感じです。

 

 

ツイッターみたか!

まさか!

まじまじまじ?

 

愛する者の死にも匹敵する強力さで

瞬く間に萌えひろがった!

 

八幡堂 年齢(自主規制)

 

勤続25年弱 無遅刻無欠勤

 

「外出ぅ?」

 

「はい 半日ほど」

 

「そりゃあかまわんが明日の会議の資料できるのかね?」

 

牧野真莉愛がセンターに立つのです」

「それは私にとってすべてに優先されることです」

 

 

※諸説あります

※※本当は有給休暇を取得し朝から14時までかけて1日かかる資料作成しちゃいまりあ

 

 

 

 

 

1年ぶりのハーモニーホール座間

 

再び娘。の理想を掲げるために!

娘。のセンター成就のために!

ハーモニーよ私は帰ってきた!

 

 

 

ということで、当たり前ですけど、牧野真莉愛がくいくいっ手招きしてきたわけよ。

今すぐ来い、と。

 

まりあ様と言えば慈愛の人ですので、これない人にも

離れててもいっしょ、な人ですが、まりあ様の御心がこのワタクシをお呼びだった

わけです。

そこで行くのが

 

 

漢!

 

 

 

かくして我が家の水光熱費の一部が座間入場料にばけてしまいまりあ!

 

 

 

 

 

 

さて感想というのはあらためますが…

 

 

初見で思ったことは

 

 

人間って本当に感動すると言葉を失う、ということでした。

 

 

もし、あなたがまりあ様を愛するならば、この秋のツアー必ず入ってください。

心底そう思いますし絶対に後悔はない。

まりあ様を愛するようになった自分を誇らしく思えるステージがそこにあります。

 

 

アンコール一曲目

 

すばらしいセトリの中でも珠玉の場面です。

 

 

そんな牧野真莉愛記念日の翌日の感想です。

 

 

*1:まりあ様のライバル的存在浜浦綾乃ちゃんのヲタクです